生徒さんの声

ご参加くださったご家族からのご感想を個人名等を除き原文のままご紹介しています。

 
年ごとのタブを開くとその年の後半の(新しい)ものから順に表示されます。

 2020年
2020年春学期 オンラインクラス(アンケートの質問ごとにご紹介します。) <感想> *久しぶりに子供たちと英語の歌に触れることが出来て良かったです。ただ家の通信環境が悪かったり、誘惑も多いので少しダラダラしてしまったのが残念。 *オンラインであっても、みんなで音楽に触れる時間があってよかったです。 *先生の努力はよかったけど、やはりオンラインのネックがあり、対面クラスの楽しい雰囲気が再現できなかったと思います。   <楽しかったアクティビティ> *オンラインならではの、画面に近寄ったりして遊んだりするのは楽しそうだった。あとは家のものをすぐ見せられたりとか、対面だったら連れていけないお兄ちゃんも参加出来たりとかは良かったです。 *どれもよかったです。対面オンラインに限らず、気に入った曲かどうかで、子供のリアクションが違いました。   <オンラインクラスで困ったことや改善されたらいいと思う点> *通信環境の良い場所と動きやすい場所とのバランス *ミュートでやってると子供たちが話したことがすぐに伝わらなかったりするのが残念でした。 *自宅なので、誘惑がありすぎて少し気が散っていました。
 2018年
2018年冬学期 5歳の女の子のママより 今回のクラスは少人数だったので、親子とおもに参加しやすく、いろんなことを表現しやすかったように思います。クラスの中で、たま~に小さい声で歌っていたり、何気なく身体でリズムを取っている様子をみて嬉しく思います。顔見知りの方が多く、本人も安心できる場になってきたのかもしれません。人数が多かったり、様々な年齢の子がいると、「ごちゃごちゃになって集中できない」と言っていました。(確かにそういうデメリットはあると思いますが、よく観察していろいろと吸収すると思うので、クラスはどんな形でもいい刺激・学びの場になっていると思います。)最近、家では歌のリレーが急に始まることが多く、私のほうが「えー、何だっけ??」となってしまいます。曲がTVで流れているものや、ずっと前にクラスでやったものだったりするので。また、春学期のCDを初めてかけたとき、(たまたま踊っている時にかけたのですが)初めての曲にも関わらず、歩くリズムや踊りのふりつけが曲にぴったり合っていてびっくりしました。曲がかわると、自然にそれに合わせているようです。クラスでしていることと、日々の何気ない積み重ねのおかげかな~と感心させられました。踊っているときは本当に楽しそうです。今後も音楽を通した様々なアイディアを楽しみにしています。子どもはそのときすぐに反応できなくても、後々に自然な形で残っていくと思っています。最後の1年なので、毎回を大切にしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。今はどうだかわかりませんが、かなり以前、「私が歌っているときや何かしたときに、先生が『グー!』『オッケー』サインを出したりすると、恥ずかしくてやめちゃう」と言っていました。家でも、(楽譜と鍵盤のマークを照らし合わせながら独学で)おもちゃのピアノを集中してひいているときに、「すごいね!」「できたね!」と声をかけ、じっと見つめていることに気付かれると、すぐにやめてしまいます。ほめてほしい、気付いてほしい気持ちはどこかにあると思いますが、どこでどういうふうに声をかけるのがいいか、難しいなぁと日々感じています。(せっかくやっている楽しいことを中断させてしまうのはもったいないけど、褒めてあげたいし…)

2018年冬学期 1歳の男の子のママより 月齢が小さく、クラスにフル参加しているという感じではなかったものの、音楽にあわせて体を揺らしたり、打楽器を叩いたりなめたりして、息子なりに音楽を楽しんでいたと思います。 歌ったり踊ったりすることで親の方も体が温まり、ストレス発散になりました。弥生先生の大らかで温かなお人柄に、いつもリラックスして通うことができました。ありがとうございました!

 2017年
2017年夏学期 1歳2ヶ月の女の子のママより 最初の頃は、ほとんど参加もせずでしたが膝の上で参加できる事が増え、何より毎回目をキラキラさせながら楽器を触っているのをみると通っていて良かったな、と思います。家でもハローソングがなると膝を叩くんですよ!笑 またクラス楽しみにしています。

2017年春学期 2歳5ヶ月の女の子のママより 春学期の期間中に感じた子供の成長としては、
・ンッカー(wake up)を使うようになった(人が寝てるとンッカーと言って起こしてくる)、
・見よう見まねで踊ることが増えた、
・クラスのママさんたちに懐くようになった、
といったことを感じました。また、クラスに行くと安心して嬉しそうな顔をするようになったことは強く印象に残りました。2016年の夏から始めましたが、継続することで子供に安心感を与えるのだなと実感しました。

2017年春学期 5歳の女の子のママより (家で)自由遊びの時にCDをかけておくと、お気に入りの曲が流れた瞬間に、その曲に合わせてボールを投げたり、歌に合わせてぬいぐるみを動かしたりするようになった。学期後半によく見られ、自分でどんどんアレンジしている様子。日本語の歌も含め、替え歌を作るペースが速くなり、親子で作りっこすると、親の方がネタ切れしてしまうほど。もともと自由に歌ったり踊ったりするのが好きな子だが、その幅が広がり(TVで流れる様々な音楽も含め)曲の雰囲気やリズムに合わせた動きが増えてきたような気がする。公園のふわふわドームやプール等で一人で体を動かしている時も、自然に歌を口ずさみながら踊っている様子。親が一緒に歌ったり、見られていることが分かるとやめてしまうことも多いので、遠くから見守ることが多い。寝るときに子守唄代わりに歌を歌うと、二人でどんどん盛り上がって眠るどころではなくなるので、おしゃべりができるようになって以降は、子守唄を歌わなくなった。本人も「寝るときに歌うと寝れなくなるから、やめて~」と言う。2歳前ぐらいまでは、子守唄で替え歌を作りながら寝かせていたことも多い。いつも、楽しいクラスをありがとうございます。親子で行くのを楽しみにしています。家では、親子で音楽遊びを一緒にするタイミングを作るのが難しいので、クラスでの時間は貴重です。家では、音楽遊びを、親がリードしても本人がのってこなかったり、本人がやっているときに親が入り込むとすぐにやめてしまうので。(自分で自由にするのが好きなのでしょうか?)

2017年春学期 1歳7ヶ月の男の子のママより [ある日のレッスンの後、メールにて] 楽しい時間をありがとうございました。息子もすごいはしゃぎようで、とても楽しい場だったのかと思います。そうですね、他のリトミックとは違いわなんだか、空気に楽譜があるみたいで、ずっと踊っているような感じというか、うまく伝わりませんが、心地よいです。音楽以外のご相談もどうぞ、というお言葉がまた嬉しく、心強いです!

 2016年
2016年秋学期 4歳の男の子と2歳の女の子のママより 先日他のリトミックを受ける機会があったのですが、卵型のマラカスを使ったり、スカーフを使ったりと似ているところがたくさんあり、驚きました。

2016年秋学期 1歳10ヶ月の女の子のママより 夏の終わりから参加しておりますが、お片付けができるようになりました。家で聴くCDも、じっと聴くことから、勝手にタンバリンやエッグシェイカー、ポンポンを出してリズムに乗るようになりました。大人が聴いても心地良い楽曲が多く、これからも楽しみにしております。

2016年夏学期 1歳6ヶ月の女の子のママより 途中入会でしたが、娘がすぐに馴染むことができました。センスの良い楽曲が多く、毎回アカペラだったり流したり、様々なグッズや楽器が出てきたりと子供に飽きさせないようなプログラムになっているように感じました。また、先生が一人一人に真摯に向き合ってくださり、とても温かいです。入会して良かったです、これからも楽しみにしております。

2016年春学期 6歳の女の子と4歳の男の子のママより 三年間大変お世話になりました。子供にとっての三年間は、体の大きさも発達においても大きな変化があると思います。続けることでお陰様で、特徴のある性格の娘もたくさんのことが出来るようになりました。息子は正しく音をとることができるようになったと思います。遊びの延長から自然と身につけることができました。また、私や主人にとっても楽しい時間でした。本当にありがとうございました。みんな音楽が大好きになりました。
[コレクション(教材)を一回り全て終了されクラスを卒業されることとなりました。]

2016年春学期 5歳の女の子のママより 今学期はお休み回数が多くなってしまいましたが、すてきな楽曲も多く、楽しく通わせて頂きました。ありがとうございました。途中、Tambourine[今学期の教材(Songbook)のタイトルです]のCDをほとんど聴かず、Maracas[別の学期の教材(Songbook)のタイトルです]ばかりを聴いている時期がありました。私が気になって、「レッスンに行ってよく知らない曲があるより、よく知っている曲が多い方が楽しいんじゃない?(だからTambourine聴いたら?)」と言うと、「ちゃんと歌えるからだいじょうぶ」と。そしてその週のレッスンに行ったら、本当に全曲しっかり声を出していてびっくり。子供の記憶力に改めて感心しました。私が足りなそうと思っても、娘自身にとっては十分聴けていたということでしょうか。来学期は私の入院があるためレッスンに行くのは秋までお休みしようと思うと話したら、心配そうな顔で「でもCDはもらえるよね?」と言われてしまいました。

2016年冬学期 6歳の女の子と4歳の男の子のママより ある日の夜、娘が寝ながらMusic Togetherの曲を歌っているのを聞いて、驚くと同時に笑ってしまいました。幼稚園では歌の好き嫌いが出たりしていたのですが、Music Togetherの曲はどれも好きみたいです。弟も教室では気分屋で照れ屋ですが、家では一緒に歌ってみたり、しっかりと楽しんでいる印象です。親も普段使わない脳を使っている感じでいい刺激になったりと、家族みんなで楽しませてもらっています。

2016年冬学期 1歳10ヶ月の男の子のママより こちらの教室に通うようになってから、少しづつ音楽に合わせて体を自然に動かすようになりました。家で、music Togetherの音楽を流してると、好きなところにくると変に動いています。選曲がいいというのもあると思いますし、教室が楽しいからではないかと思います。条件さえうまくあえば、もっと続けたかったです。先生には、いつもご親切にしていただき、ありがとうございました。自由なこの教室が大好きでした。
[来学期はスケジュール等の関係により継続が難しいかもしれないとのお話をいただいています。]

2016年冬学期 3歳の男の子のママより 火曜日の幼稚園のプレの後ということで、なかなか機嫌よく参加するのが難しかった期間を経て、年が変わり、年齢も変わった今期Drum[今学期の教材(Songbook)のタイトルです]では、人まで変わったかのように楽しんで積極的に参加するようになり、驚きました!曲自体も前回のものより私自身が好きなので、より、CDを聴いたり鼻歌でふと歌ったり、という機会が多かったことも一因かもしれませんが、やはり、眠そうな時でも機嫌が悪い時でも先生が根気強く、優しく参加を促してくださったり、レッスン後も遊んで下さったりしたことの積み重ねのおかげで、そこまで変われたのだと思います。Music Together JOYは、やらされるのではなく、やりたくなる、やったら楽しいからますますやりたくなる、というとてもクセになるレッスンでした。本当にお世話になり、ありがとうございました。

2016年冬学期 2歳の男の子のママより ミュージックトゥギザーに通いなんとなくですが息子の性格がわかったように感じます。普段遊んでいるお友達とクラスで会うお友達との接し方の違いなどもあり、知ることができて良かったです。年齢や性格的にクラスに参加している感は少なかったように思えましたが、私の気分転換にはとても良かったです。

2016年冬学期 5歳の女の子(ご本人)より やよいせんせいへ たのしかたです。 ○○より

 2015年
2015年夏学期 5歳と3歳の男の子のママより いつも楽しいクラスをありがとうございます。先日は、お兄ちゃんの成長をブログにてご紹介下さり、ありがとうございました。実は、クラスでやよいさんにお話されるまで、2年前、同じシチュエーションでお兄ちゃんが泣いていた事をすっかり忘れていました…。先日も友人と話していたのですが、赤ちゃんの時は日々成長を喜んでいたのに、いつからか減点方式になってしまい、大きな成長にしか目がいかなくなってしまうこともしばしばです。今回、意図して同じ遊びをご用意下さり成長に気づかせて頂いた事に感謝して、これからは日々の成長にもっとアンテナをはっていきたいと思います。

2015年春学期 2歳1ヶ月の女の子のママより 春学期もお休みが多くなってしまいましたが、その中でも娘の成長を沢山見る事ができ、楽しく過ごす事ができました。レッスン中に使用したアイテムを片付けるお手伝いをしてみたり、曲に合わせて自ら体を動かすなど、積極的に動く姿が多く見られました。また他の子の動きなどを見て真似てみたり、今まで自分に向いていた意識が、外に向いて来たのも感じる事が出来ました。2歳を迎えたのもあると思いますが、娘が劇的に変化したこの3ヶ月をmusic together joyの皆様と過ごせた事に感謝いたします。

2015年春学期 8歳の女の子、5歳の男の子、1歳0ヶ月の女の子のママより 毎学期、いつもいつも始まりに感じてはいたことですが、今回、ものすごく強く感じたことがあります。それは、お教室に参加することで、聞いていた歌に命が吹き込まれる…といったらなにか大袈裟な感じに思われるかもしれませんが……教室を始める前に教材をいただきますよね、それをまず聞いていると、もちろん音楽なので、ただ聞くだけでも十分楽しめます。(覚えようという気負いをせず軽く流して楽しんでました)。それがですよ、クラスでやよいさんと一緒にみんなで歌うこと、それによって、ただ耳を流れていた歌が、まるで色がついて、形ができて、歩き出す…みたいな…平面が立体となって入ってくる感じをすごく味わうことができました。それがおもしろくておもしろくて…また、小物使いもいつもながら楽しかったです。スカーフ、ボール、色んなものの質感が曲のもつ調子を味わうのにとても助けになって、お家でも身近なものをヒラヒラ、カタカタさせて音楽を楽しむと、あら楽しい…そんな風に、色んな曲が次々に色づく様を味わえた春学期でした。さらに、姉弟、それぞれの成長もありましたが、一番末のチビ子の成長も著しく思いました。体でリズムを感じたり、お気に入りの楽器を見つけたり、色んな動作ができるようになったおかげで、いろんなふうに楽しむようになり、とても嬉しかったです。夏学期をお休みするのが寂しくもありますが、楽しい余韻を味わいながら次の機会を心待ちにしたいと思います。楽しいクラスをありがとうございました♪

2015年春学期 5歳と3歳の男の子のママより いつも楽しい時間をありがとうございます。今学期は、下の子(弟)の成長を感じられる学期となりました。平日クラスに参加することで、兄とは離れ、いつもよりも少し落ち着いて音楽と触れ合うことができたように思います。そのおかげか、今まではCDをかけてもめちゃくちゃに動いていたダンス(?)がリズムに合わせて動けるようになり、CDに合わせて歌うようにもなりました。また、毎回私とお兄ちゃんが「今日は走らないで音楽を楽しもうね」と約束する姿を見てか、最近は下の子(弟)が自ら「今日は走らない!!」と宣言するようにもなりました(笑)。(結果、毎回走り回るのですが…)お兄ちゃんも相変わらず走り回りながらも吸収しているようで、先日Summer SongのCDをかけた時には、今までにやった曲全てに反応していました。夏学期も宜しくお願い致します。

2015年春学期 5歳の女の子と3歳の男の子のママより 娘が突然1~10まで英語でカウントしていました。クラスの中でやっていた時は知らん顔をしていた様に見えましたが、実は興味津々だったのですね。家ではクラスで習った歌をよく歌います。一緒に歌ってあげるととてもうれしそうにしているので、共感性が育ってきていると実感しています。息子はお姉ちゃんが調子良いとやさぐれます。それも成長の過程で仕方ないことと思いますが、結構めんどくさいです(笑)個人的なグチになってしまいましたが…

2015年春学期 3歳の男の子と0歳8ヶ月の女の子のママより いつも楽しい時間をありがとうございます。&いつも遅れてすみません…毎週「今日こそは!」と思うのですが…6時に起きててなんで間に合わへんのやろ?!今学期は特に「やっと花開いた(はなまるマーク)」忘れられない学期となりました。クラスではいつもとかわりなく3兄弟をキメこんでる息子ですが家ではCDにあわせてくちずさんだりおどったり…やっと歌うようになってくれてほんまに驚いています。娘はリトミック大好きでCDがはじまっただけでキャッキャッ言って喜んでますし座って両手をふって拍子をとったり卵をシャカシャカふってノリノリだったり大いに楽しんでおります。息子は英語への興味も持ちはじめたようなのですがやよい先生英語のレッスンをはじめる予定はないですか?

2015年春学期 4歳の女の子のママより 親子共々、楽しく参加させて頂きました。年明けの引っ越しから数ヶ月経って新しい土地に慣れると同時に、幼稚園生活が始まり、娘にどっと疲れが出るのを心配していましたが、毎週末、早起きをして電車を乗り継ぎ、各駅からの徒歩も一度も嫌がらず、楽しく通ってくれてほっとしています。また、回を追うごとに先生やお友だちともコミュニケーションを取れるようになり、私から片時も離れずに楽しんでいた前クール迄に比べて成長を感じました。夏学期もよろしくお願いいたします。

2015年春学期 1歳の男の子のママより 体験当日は、参加しているというよりは初めて会う人達、場所にただただはしゃいでいた息子でしたが2回目3回目と少しずつですが、マネをしだしたり楽器に興味を持ちだしたりとこうゆうの好きなんだと息子を知れてとても嬉しかったです。

2015年冬学期 2歳6ヶ月の女の子と0歳8ヶ月の男の子のママより 下の子も連れて家族4人での参加でした。娘は『弥生先生行こうね!』と言うと、ヤッター!と喜びを言葉に出すようになりました。5月からプレ幼稚園が始まり、みんなで輪になって歌と踊りの時間になると、他の子は恥ずかしがってる様子の中、娘はとても積極的に先生の真似をして笑顔で楽しんでいました。輪になりダンスに歌は、まさにミュージックの成果ではないかと驚いています。ミュージックでは、必ずしも輪の中でずっと真似てるわけではなく、お友達と走り回ったり鏡をみたりしてるのですが、それでもしっかり見たり聞いたりしているということなんでしょうか(^_^) 家の中では、パパとおもいっきりダンスは出来ないので、広いスタジオでパパとグルグル回ったりすることがとても嬉しいようで、ミュージックのおかげでパパっ子になったのかな?と思うほどです!1歳前から通わせて頂いていましたが、成果がハッキリと出たので継続は力だなと今回思いました。もちろん主人も私も楽しんでます*\(^o^)/* 子供に無理強いすることなく、子供も親も楽しみながら通えるところが魅力です★その上しっかり成果がでるなんて素敵です!!これからもよろしくお願いします(^_^)

2015年冬学期 歳の女の子のママより 途中からの参加でしたが、娘の様子を見ているとクラスにだいぶ慣れてきているなと思います。元々、音楽に合わせて楽器を鳴らしたり、手拍子をするなどの事は他の習い事でやっているので慣れてはいると思うのですが、それよりも好きな要素が強いというふうに思います。一緒にクラスに参加している方々の雰囲気も心地よく、娘の事を気にかけて下さっているのが伝わります。娘もお姉ちゃん、お兄ちゃん達が好きなので興味津々で見ているように感じます。最近では『赤ちゃん』に興味を持ち始めて、何かしたい願望がでてきているようなので、普段は接する事のない小さい子と一緒に何かを出来るのは良い刺激になっていると思います。先日、Music TogetherのCDをかけ始めた瞬間にこちらを見て『これから始まるのね!』の様な顔をして来たり、好きなリズムの曲が流れると踊り始めたり、、、クラスで歌った曲を口ずさんだり(私の勉強不足で何の曲が分かりませんでしたが)相変わらず、Me & You?の曲は好きらしく、パパの背中をツンツンしながら、Me〜Me〜と歌ってみたり物凄い早さで日々成長しているこの時期、娘にとっては、たった数回のレッスンの間に沢山の事を吸収しているんだなと思わせてくれました。娘だけでなく、私も難しいリズムを取る時、娘が膝に乗っているのを忘れて、一生懸命に弥生さんの動きを真似ている時は、思わず『あははー。本当に親子で一緒に参加しているな』と心の中で笑ってしまいました!苦手だったフリーダンスも、少しづつ楽しめるようになってきました!春学期も引き続き、娘と音楽を楽しみたいと思っています!楽しみにしています!宜しくお願いします!

2015年冬学期 4歳の男の子と1歳9ヶ月の女の子のママより 3ヶ月は本当にあっという間で、毎週少しずつお歌のクラスを受け入れていく姿が嬉しく、娘は歌がもっと好きになったようで、CDがかかっている時はもちろん、家で一人の世界で遊んでいる時にも色々な曲を口づさんでいたりして、嬉しい驚きと発見がたくさんありました。息子は、クラスではほとんど歌わずでちょっと残念でしたが、家や車の中ではいつも歌い、特に気に入った曲は何度もリピートして歌っていました。毎日仕事と家事、保育園とで追われる日々の中、Music Togetherの歌が我が家に溶け込んでから、会話の中に歌やリズムも加わって明るくなったというか、忙しいだけじゃなくて笑う時間が増えた気がします。もっと色々な曲に触れて、輪になって歌うあの楽しい時間を子どもたちと過ごせたらいいなぁと思います。私自身もかなり歌って踊って笑って、本当に楽しくて、あのクラスでの時間、また家で歌っている時間はストレスが吹っ飛んでいるので、頂いていた和訳を読んだり、テキストを見て正しい歌詞を覚えたり(時間がなくてつい耳で聴こえたまま歌っていただけなので…)もっと深く自分に落とし込んでいたら、子どもたちももっと楽しいだろうなぁと思うので、それは少しずつやっていきたいなぁという気持ちです。主人は子どもたちの記憶力に驚いていて、(次の曲が始まる前に歌い出すので)歌が楽しそうで良かったと言って嬉しそうです。でも主人はまだまだ歌が曖昧で子どもたちが教えてあげているので、家で家族みんなが歌って踊って楽しい時間を共有できたら素敵だなぁと思います。主人も少しずつ巻き込んでいく予定です(笑)。

2015年冬学期 2歳5ヶ月の男の子のママより 冬学期は体調不良や私用でお休みすることが多くて残念でした。土曜日の朝に「music行くよ~」と声をかけると座ってhello songの足を叩く仕草をするようになりました。music togetherは息子の中では生活の一部で私達家族には欠かせないものとなりました。まだまだ最後までじっとして楽しむことは出来ませんが、先生の真似をしたり輪に入って楽しむ姿も増え、体で音楽を楽しむことを学んだ冬学期だったなと感じます。私自身も先生からの子育てについてのアドバイスは有り難くとても心強い味方です。これからも親子でお世話になります!

2015年冬学期 5歳と2歳の男の子のママより いつも楽しいクラスをありがとうございます。今学期は、続けるかどうか迷いながら始めた学期でしたが、弥生さんのお力をたくさんお借りし、おかげでお兄ちゃんの成長が感じられる学期となりました。クラスでも、弟との楽しいおふざけにいきそうな自分の気持に少しブレーキをかけ、クラスの内容に参加する事で自ら音楽に触れる楽しさ、みんなで音楽を作る楽しさ、音楽を使って遊ぶ楽しさなどを自然に体感し学んだように思います。家でも、クラスで色や動物など色々なアイデアを出す替え歌にしたものを自分で色々考え、国や建て物さらにはマンション(3階、7階…といった具合に)まで飛び出し、子供の柔軟な発想に驚きつつ、2人で頭をフル回転させながら頑張っています。弟もそんなお兄ちゃんの姿を見て、音楽を身近に感じながら成長してくれたらと思います。

2015年冬学期 5歳の女の子と3歳の男の子のママより 先週の帰り道、娘が「Music Together楽しかったぁ。また行こうね!」と言いました。普段、そんなにお話が得意じゃない子なので、ダブルでうれしかたったです。弟の息子[実際はお名前を書いてくださっています]は「Music Togetherごっこ」をよくします。自分が先生になって「トゥートゥー」とか「ラーラー」と音かいをつけます。私がマネして音をとってやると、喜んでいます。主人が音をはずすと、「音がちがう!」と指てきするので笑ってしまいます。

 2014年
2014年秋学期 2歳2ヶ月の男の子のママより 入会したての頃は私達 [ご両親お揃いでご参加下さっています。] にべったりでどうなることかと心配してましたが、今ではクラスにもすっかり溶け込みリラックスして楽しんでる姿を見るのが毎回楽しみでもあります。普段の生活の中でも私が何気なくMusic Togetherの曲を口ずさむと、それに合わせて突然声を出してのってくることがあり、音楽が身近にあるって凄く楽しいなと感じる日々です。また次学期もよろしくお願いします。

2014年秋学期 5歳の女の子と2歳の男の子のパパより 土曜日に教室へ行くことが習慣になり、楽しみになって一年以上たちました。幼い頃から耳が外国語に慣れ、お話しや歌も全く抵抗がないようです。(外国の動画を見ては、大人には意味不明な言葉が自然と出るようになっています(笑)) 音楽を通じて、いろいろな国の文化に触れられている気がして嬉しいです。

2014年秋学期 2歳2ヶ月の男の子のママより 息子も2歳になり、自分で感じる事ができる領域が増えてきた様に思います。自己主張が強くなってきて、自分の好きな事だけをやりたいという欲求を表に出すので、どう考えてもレッスンの邪魔になっている…と山﨑様やほかのメンバーの方に申し訳ない気持ちでいっぱいになる事もあるのですが、お腹から声を出す大切さや楽しさ、リズムを感じる素晴らしさ、五感で音を楽しむ自由さを息子には知って欲しくて、続けています。とある保育園のイベントで、太鼓を自由にたたくという機会があったのですが、息子はそれはもう楽しそうにたたいていました。それを見ていた保育士さんが「本当に太鼓が好きなのね。」とお褒めの言葉を頂いて、彼のどこかにリズムの面白さを感じる力は育っているのかなと思いました。一見、関心が無い様なそぶりをしていても、きっとどこかで吸収しているのだと思います。それが表に出るのはいつになるかは分かりませんが。でも、どんな状況下になっても、何を持って居なくても、自分の口ずさんだ音を頼りに体でリズムを表現できる人になった方が生きていて楽しいと思うので、そんな人になれるヒントを与える機会はなるべく作っていきたいと考えています。いつも優しく見守っていただき、ありがとうございます。

2014年秋学期 4歳と2歳の男の子のママより 今学期はクラスで走り回る子供達が気になり、私自身が音楽を楽しめなくなってしまっていましたが、弥生さんにたくさん助けて頂きながら色々な事を考える良い機会ともなりました。そして、改めて幼少期から様々なジャンルの音楽に触れさせてあげる事の大切さを学びました。子育てに関するアドバイスもたくさん頂きありがとうございます。まずは、私自身が楽しんでいきたいと思います。

2014年秋学期 7歳の女の子、5歳の男の子、0歳6ヶ月の女の子のママより いつか遊びにおいで♪という快いお誘いのおかげで「習い事」という敷居の高さを感じることなく、最初から気持ちも軽やかに参加させていただきました。そして、そのことがその後のクラスを自分がめいっぱい満喫することにも大きく貢献していたように思います。3人の子供達が一緒のクラスを受けられる楽しさも改めて感じています。(^^)[スマイルマーク] 「あ~今日も楽しかった♪」と帰りの車でつぶやく娘。「僕ね、英語の歌好きなんだぁ…」と不意に口にする息子。それぞれによい影響をいただいています。子供達の口から出てくる英語(らしきもの)はとてもとてもいいかげんなものではありますが、今のところ、あえて正すことをせずに楽しみたいです。私自身、回数を増すごとに聞こえてくるものもあるので、もう少し慣れてきたところでちょっとずつ単語を入れたりするのもありかな…と音楽を通じ英語というものへの興味もつなげられたら、それはそれでうれしいかもなぁ、そして楽しいかもと考えています。音楽の面でも、幅広いジャンルの曲に触れられること、数々のツールを楽しめること、いろんな国の曲も味わえること、たくさんの魅力をかみしめています。1回のクラスの中のやよいさんのテンポも、とてもよいと思います。もうちょっとやりたいな、もうそろそろいいかな…そういうその場の空気を上手くくんでくださっていて、そのテンポのよさも魅力に思います。長々ととりとめのないことを書きつらねてしまいましたが来学期も楽しみに参加させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2014年夏学期 1歳11ヶ月の男の子のママより 春学期の途中から参加させていただきましたが、夏学期では目に見えて息子の成長を感じることができました。弥生先生の人柄がクラスの雰囲気に現れていてとても居心地のいい空間で、大人もリラックスして参加でき、親の方が毎回楽しみにしています(笑)途中フラフラとどこかへ行ったりしてマイペースな息子ですが、まずは息子らしく楽しんでくれたらなと思います。秋学期以降も音楽を通して、お友達と触れ合いながらどのように成長していくのかとても楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

2014年夏学期 4歳の女の子と2歳の男の子のママより こちらでお世話になって、楽器にも親しんだ子供たち。児童館や幼稚園でもピアノやカスタネットなどに興味を持ち、自然と音楽を楽しめるようになっています。児童館のイベントでリトミックを初めてやったときも、先生に、「初めてでこんなに上手にできるなんてスゴイ!!!」とほめられていた息子。これもMusic Togetherで経験したことがベースになって応用できていると思います。これからもお世話になります。

2014年夏学期 1歳の男の子のママより Summer Songs 3に参加している間、息子に大きな変化が現れた様に思いました。自我の芽生えが本人自身もしっかり自覚できる位に現れていると感じる事が多々ありました。今までは、人に「聞かされていた」音楽が、自分で感じ、楽しむものである事に気付いた様です。言葉が遅いと指摘される事もありますが、それよりも音や空気を感じ取る感性をまずは大切に育んでいきたいと思いました。

2014年夏学期 4歳と2歳の男の子のママより 内弁慶な息子[4歳のお兄ちゃんのことです。]のために「親子3人で通えるクラス」として始めましたが、今ではご迷惑な程に走り回るまでに成長(?)しました。(いつも騒がしくて申し訳ありません。汗マーク)今学期で1年経ちましたが、この1年で格段に歌のバリエーションが増え、生活の中にも音楽が自然と取り入れられるようになりました。Music Togetherの曲はいつでもどこでも簡単に口ずさめる曲が多いので、「音楽を取り入れて遊ぼう」「歌を歌おう」と意気込まなくても毎日の生活で自然と口ずさんでしまいます。替え歌にもしやすいので!!(「早く~、早く~」など)。やよい先生のご指導のおかげで、本当にママがリラックスでき、笑顔の子育てにつながります!

2014年春学期 春学期は学期のご感想という形ではなく、お教室やクラス全般に関してということで伺いました。その中から抜粋してご紹介します。
*親子、兄弟みんなで楽しめる。
*クラスだけでなく、いつでもどこでも取り入れて親子の触れ合いを楽しめる。
*様々なジャンルの音楽に触れることができて満足。
*入会前はもう少し英語の習得も目的とするクラスかと思っていました。
*子どもの自由を認め合う、ふんわかしたクラスの雰囲気が気に入っています。
*体験がとにかくめちゃくちゃ楽しく、「あ~楽しかった!」と夫婦でにっこり。子どもはボーっとしておりましたが、 自分達が本気で楽しんでいると子どもにもきっと伝わっているよねと、「子どものために」というよりも、 自分の「息抜きのために」こちらに入会することを決めました。
*クラスの雰囲気が大好きです。
*子どもの自由を認めることでみんながみんなのお父さんお母さんって感じがして、みなさんとても温かく子どもを見て下さって、 なんだかとても居心地がいいんです。
*子供たちが、英語、スペイン語、ロシア語(?)などの歌を耳から覚えて上手に歌い、大人が驚かされています。
*クラスに通われていたお子さんの笑顔がよかったこと、弥生先生が明るく素敵な先生だったこと、 そして子どもが人見知りすることなく、体験の時からとけこんでみえたことが入会の決め手でした。
*クラスに行くと子どもの表情がとてもイキイキします!ずっと続けていきたいです。成長が楽しみです。
*同じ年の子供と触れ合う機会が少ないので、子供にとっていい刺激になっていると思います。

2014年冬学期 4歳の女の子と2歳の男の子のパパより 入会して3学期目となりまして、我が家の生活の一部となっています。平日から「土曜日楽しみだね~」と子どもたちに声をかけると「楽しみ~」「music together行く~」と元気よくかえってきています。姉弟で仲良く歌ったり、前の学期の歌を思い出して歌ったりと新たな一面も見られるようになって大変うれしく思っております。これからもよろしくお願いいたします。

2014年冬学期 1歳の女の子のママより たくさんの楽器や小道具で、音楽を楽しめているようで、参加して本当によかったです。お友達や先生のまねもよくしていて、学んでいることを実感しました。家だと、CDをかけているだけになってしまうので、家でできる音楽との遊び方をもっと教えていただけると嬉しいです。
[ファシリテーター(講師)より: クラスでやったことでそのままお家でもやっていただけることもたくさんありますが、年齢の異なるお子さん達が一緒に学んでいるクラスですので、お子さんの年齢に合わせてアレンジしていただいた方が遊びやすいものもありますね。そういったことについてはクラスの中でもう少し具体的にヒントやアイデアをお伝えしていくようにしたいと思います。ご希望をお届け下さりありがとうございました。]

2014年冬学期 2歳の男の子のママより 先日先生に言われて気付きましたが、早いものでお世話になって1年たつんですネ。あいかわらず自由人の息子ですが、お友だちとのふれあいを楽しんでいるようで、それを見る私たちもいっしょに幸せ時間を過ごさせていただいております。ありがとうございます。

2014年冬学期 1歳の女の子のママより 二学期目の参加で、週一回ここへ行くんだということを理解しているみたいです。教室に到着すると、慣れ親しんだ子供達と追いかけっこをしたり、抱っこしてもらったり、始まる前から嬉しそうにしています。皆が集まり円になると、円の真ん中にいき、Hello Songやるんでしょ!?とニコニコしながら膝を叩き始めます。まねっこが得意な娘は先生や大人たちをみて、一緒に体を動かすようになってきました!楽器やマラカスやスティックなど、最後はバイバイとお片づけも率先してやるようになってきて驚いています。今学期もここではこんなことに興味をもつんだ、やるんだと家では気付かないような成長が見れて嬉しかったです。来学期はどんな成長が見れるかな!?今後とも宜しくお願いします。

2014年冬学期 3歳の男の子のママより 一時期お休みしてからの再スタートでしたが、以前通っていたころに比べ息子の成長にびっくりでした。泣いていたころがうそみたい。歌にあわせて「フンフン」(本人としては歌詞を歌っているのかと・・)歌ってみたり、動きを一緒にまねしてみたり。元々、歌や曲に合わせて踊ったりと、あまりしない子だったので、フンフンはかなりな成長!感激です。(以前はひざを手でポンポンするだけでもうれしかったので・・)何より楽しそうに通っていたのがよかったです。次学期から幼稚園なので通いきれるかの相談にも、やよい先生の子供に寄り添った、あたたかいお返事にもとても感謝しています。子供のために通い始めたけど、親が楽しんでました(笑)musictogetherでの経験、体験が、息子だけでなく私にとってもよい思い出となりました。本当にありがとうございました。
[幼稚園入園というお子さんにとっても親御さんにとっても大きな環境の変化の時期、一旦お休みをされる方も少なくありません。新しい環境に心も体も慣れ、またクラスに通いたいなと思ってくれたら嬉しいですね。いつでもお待ちしています。]

2014年冬学期 3歳の女の子のママより 今学期もついにララバイでごろんしてくれなかったな~。という感じです(笑)静かな感じの曲より、ダンスできるような曲の方が、やっぱり好きみたいです。

 2013年
2013年秋学期 2歳の女の子のママより 娘が家ぞくの中で1番上手に(英語のまま)歌います。

2013年秋学期 3歳と1歳の女の子のママより 始めて一年弱ですが、やっと2人ともクラスに慣れてきました。

2013年秋学期 1歳9ヶ月の男の子のママより 今学期はとうたん [注:お父様のことです。] 不在が多く どうしても朝バタバタしてしまい遅刻が多かったので、とても反省しております。息子はだんだん輪に加わることも増え、お片付けや あれを取ってなどの声かけに応じることも増えてきました。どこに行っても自由すぎる息子。場所によっては注意されることもしばしばですが もう少し長い目で見守っていきたいと思います。

2013年秋学期 3歳の女の子と1歳の男の子のパパより 二学期目の参加で、子供が歌うことをより好きになりました。Music Togetherの曲を聞くと、あわせて歌うようになるところから始まって、今では他の曲でも、同じように歌います。家族みんながクラスがある土曜日をいつも楽しみにしています。

2013年秋学期 3歳と1歳の男の子のママより 引っ込み思案の息子 [注:お名前でご記入下さっていましたが、3歳のお兄ちゃんのことです。] のために、「親子、兄弟で一緒に通えるクラス」として参加しました。初めは、なかなかクラスに参加しない子供達に「通う意味があるのか…」と思う事もありましたが、親の気がつかないうちに子供達なりに様々なものを吸収していてびっくりさせられました。また、弥生さんの細やかなご指導のおかげで、育児において大切な事も学ばさせて頂きました。今後共宜しくお願い致します。

2013年秋学期 1歳2ヶ月の男の子のママより 息子の日常は、私と過ごすことがほとんどです。一人っ子で、身近に知人も無く、同世代のお友達と触れ合う機会も少ないので、保育園等を利用し、私を含めて孤立しない様に気をつけてはいました。しかし、その時の息子は人見知りと場所見知りが酷くて泣き叫ぶ事が多く、連れて行く事自体に負担を感じていました。でも、二人で引きこもっている事は避けたかったので、どこか良い場所はないかと探していたところ、Music Together Joyを見つけました。初めは、また息子が泣き叫んだらどうしようとか、レッスンについていけるのか不安が沢山ありましたが、会場に着いてみたら、息子はご機嫌で楽しんでいました。これには本当にびっくりしました。初対面の先生にも全く人見知りする事なく、なついている様子で、ここならお世話になっても大丈夫かもと思ったのを覚えています。ここのレッスンの良さはママも子供と一緒に楽しめるという事です。レッスンを続けてみて、母親としてしっかりしなきゃと力み過ぎていた自分に気がつきました。もっと力を抜いて、子供と一緒に楽しんでも良いんだと思える様になりました。気づいてみたら、息子の人見知りも場所見知りも大分良くなりました。(保育園のイベントにもあまり泣かずに参加できる様になりました) 心の底から楽しいと感じて出る笑顔は人を幸せにする力があると思います。ここは、その笑顔が自然と出る場所だと思います。これからも宜しくお願いします。

2013年秋学期 1歳3ヶ月の女の子のママより 始めた時は、こんなに小さい頃からやっても意味があるのだろうかと疑問でしたが、実際に成果があらわれていますので、家族みんなで喜んでいます。ありがとうございます。昨日はお風呂あがり脱衣所で、急に手をパチパチ膝をトントン満面な笑みで繰り返ししていて、母が、『急にやりだしたのよ!これ教室でやったの?』と驚いておりました。リビングでも急にアワワワワパーとお口のところに手をやったり、まだ教えていないお片付けが出来る様になっていました。CDをかけると体を左右に揺らし、パッパッパー♫と歌い出します!!まだ始めたばかりなのに、こんなに出来る様になるんだな。意外にも吸収しているんだなと驚いています!今後とも宜しくお願いします。

2013年夏学期 1歳7ヶ月の女の子のママより ミュージックトゥギャザーは身体を使って音楽を楽しめるので娘も私も楽しく参加しています。子供達が自由に動いても大丈夫な雰囲気なので安心して遊べます。他のママ、パパもかまってくれるので娘が他の所に行ってしまうのが、少し気がかりですが…。英語も自然と耳に入るので、よい刺激になればいいなと思っています。

2013年夏学期 3歳の女の子と1歳の男の子のパパより 今学期からの参加でしたが、CDを家や車で聞いて、親しんでいたので、子どもたちも楽しくクラスに参加できました。

2013年夏学期 2歳の女の子のママより よくわからない英語も、聞こえたままによくうたっています。”She Sells – “で色の部分は上手に歌いますが、2番の貝の種類になると「しゅいません、ママでした」とうたっています。なぜ??おもしろいです。かえうたのようなこともよくしています。おうた大好きです。
[参考:貝の種類の部分の歌詞は、”Oyster, mussel, snail, periwinkle, clam.”と歌っています。]

2013年春学期 1歳の女の子のママより 子供の成長を感じられることがあり、うれしく思います。お片づけをするようになったのはお兄さんお姉さんがいるからかなと思います。家でCDを流すと、Hello Songの時はひざをたたくようになりました。これからも楽しく参加したいです。

2013年春学期 1歳4ヶ月の男の子のママより 毎回親子共々ほんとうに楽しんでおります。子どもの自由を認めて下さり、無理に参加させなくても同じ空間、同じ時間、同じ歌にリズムを子どものペースで親子いっしょに共感し合え、とてもステキだと思います。ありがとうございます。

2013年春学期 2歳の女の子のママより ダンスだけじゃなく、おうたもたくさん歌ってくれるようになりました。Music Togetherに行くのはいやがったことがありません。「ハロー」(Music Together)行くよーって言うとぴょんぴょんしています。

2013年春学期 2歳と0歳(共に学期中に3歳と1歳になりました)の女の子のママより 上の子も下の子も初めての習いごとでしたが、毎回、楽しい音楽に遊びや楽器にふれ合えてとても楽しく通うことができました。

2013年春学期 3歳の女の子のママより Music Togetherは今回で4学期目の参加です。ちょうど幼稚園へ入った事もあり、先生の動き等を見て真似をするのが上手になってきたと思います。Music Togetherは、例えばピアノ教室の様に通えば○○ができる様になる…というものとは違いますが、特別な楽器がなくても日常に歌やリズムを取り入れる楽しさを学ぶことができて楽しいです。

2013年冬学期 1歳4ヶ月の女の子のママより 年上のお兄さんお姉さんと一緒に音楽をつかって遊ぶことでたくさん刺激をうけているようでした。先生がとても音楽を楽しんでいるので、私(親)もてれずに自然と楽しめました。無理に親のさせたいことをさせるではなく、子どもがやりたいことに応える、まず親が楽しむということを体験できて、実生活にもいかせていると思います。music together joyに出会えて本当によかったです。

2013年冬学期 3歳の女の子のママより 昨年の春、秋、そして今回の冬学期…と約一年間Music Togetherのプログラムを続けてまいりました。一番娘の変化で嬉しく思うのは日常生活の中で自然とMusic Togetherのお歌を歌うようになったことです。「英語のうた」との認識がなくCDや先生や私(母親)に合わせて歌うことにより単語も増えました。そして幼稚園のプレで楽器を誰よりも上手に使いこなせる、と先生からびっくりされました。母親である私も、歌のレパートリーが増えて一緒に楽しんでいます。

2013年冬学期 3歳の女の子のママより 今期は”Hello I’m ○○○ [注:お子さんのお名前なので○○○と表示させていただきます。] “と毎回言えるようになったり、沢山参加できるようになり母子共に毎回楽しくすごせました。家でもよく「やよいせんせいのマネ~!」と言って座って歌うマネをしています。(笑)

2013年冬学期 2歳の女の子のママより 2才になったころから、おしゃべりが上手になって、歌もいっしょに歌ってくれるようになりました。家で音楽をきいているとノリノリです。みんなでまるくなって歩いたり走ったりするのが大好きなようです。私より先生のそばにくっついて歩いてますね…[涙/汗マーク] うらやましいです。

2013年冬学期 2歳の男の子のママより 今期はあまり参加できませんでしたが、一番成長した学期だったように思います。やっと慣れてきたので、これからもよろしお願いします。

2013年冬学期 3歳の女の子と0歳10ヶ月の男の子のママより 毎回、楽しく参加させて頂きました。同じ曲でも、違った道具を使ったり、替え歌をしたりすることで、色々な楽しみ方、聴き方があるのだな。と、感じました。短い間ではありましたが、親子で音楽を楽しめた3か月。とても、充実した時間でした。どうも、ありがとうございました。
[注:ご都合により次学期はお休みされるご予定です。]

2013年冬学期 2歳の男の子のママより まだ走り回ってしまうことも多いですが、一緒に出来る時は以前より上手にリズムをとったり、歌ったり出来るようになっているように感じます。お友達との関わりも楽しんでいるようです。

 2012年
2012年秋学期 1歳の女の子のママより 1才前でも [注:始められた時が9ヶ月で秋学期の途中で1才のお誕生日を迎えました。] 楽しそうに手を振ったり声を出したり楽器をたたいたりしているのできてよかったです。年上のお子さんや他の親ごさんとの触れ合いも好きみたいです。親せきの集まりのようなアットホームな雰囲気が好きです。私も誰かにとってのユカイナおばちゃんになれてたらうれしいです。

2012年秋学期 3歳の女の子のママより 今学期はMusic Togetherを始めて2シーズン目なのですが、初シーズンに比べクラスに参加する時間が増えてきたことをとても嬉しく感じています。今までは好き勝手に教室内を走り回っていた娘がだんだんと先生の動きをマネするようになり、自宅でも「○○やって!」と自ら伝えてくるようになりました。自然と英語の歌も歌うようになり、「パーンパーン」とリズムパターンも口ずさんでいて収穫の多い学期でした。

2012年秋学期 1歳の女の子のママより 楽しかったです。

2012年秋学期 2歳の女の子のママより 夏期クラスはお休みし、たった数ヶ月空いただけなのに今期はよく歌ったり参加するようになりうれしく思っています。「きょうやよいせんせ?”to see you”の?」とよく聞かれ、どうやら始まりの歌の”so glad to see you…”というパートを気に入っているようです。日常の中で娘が一人で”Ram sam sam”や”yum yum yum…”と口ずさむことも多く、クラスでの参加も増え、とっても楽しくすごしています。:-)

2012年秋学期 2歳の男の子のママより 今学期は、クラスに参加せず帰りたいアピールをされた日もあり、悩まされましたが、弥生先生のあたたかいお言葉でとても気持ちが軽くなりました。イヤイヤ期もすこし客観的にひいて見てみると、自分のやりたいことや思っていることを一生懸命伝えようとしているんだなぁと・・できるだけ耳を傾け受け止めてあげたいと思います。またまた子供の成長を感じることが出来ました。親としても少しずつ成長させられます。クラスのことで言えば、私としては最近は息子が一人で楽器やスティックを取りに行けただけでうれしくて成長だわっ!なんて親ばかに思ってます。(笑)本当にいろいろとありがとうございました。

2012年夏学期 1歳の女の子のママより 始まったばかりだと思っていたら、もう新しいCDに移るんですね。
[注:夏学期は他の3学期より期間が短いのです。]

2012年夏学期 2歳の男の子のパパより クラスでは大はしゃぎで走り回ってしまう事が多いのですが、歌や振り付けを覚えていて家で自分から歌ったり、踊ったりしています。CDも車でかけたりしていると、リズムやテンポの変化も自然と覚えていて、それを楽しんでいるようです。期を重ねるにつれて、色々な成長を感じられます。

2012年夏学期 2歳の男の子のママより 夏学期はあっという間に終わってしまいました。家でもCDを聞くのですが、初めのころは、前学期のCD(TRIANGLE)の方をかけてかけて…と、リクエストされ、なかなかSummer Songsをきかせてもらえませんでした。曲をおぼえきれないまま終盤へ…。後半でやっと「yellow yellow」←(Summer SongsのCDのこと)と言ってもらえるようになりました。クラスではまだx2消極的ですが、家ではマグネットの動物の写真や楽ふの絵に興味をもち、「これ何?これ何?」といっています。また秋学期でも少しずつの成長が見られたらいいなと思っています。

2012年春学期 2歳の女の子のママより まだ学校に通っていない娘にとって同い年の子たちと共にする時間はとても貴重だったと思います。また踊ったり、走ったり(?)するのも楽しかったようで毎週喜んでクラスに行くと言ってます。CDも今後も持ち歩いて下の子たちとも共有したいと思います。

2012年春学期 2歳の女の子のママより 初めは全くそばにいてくれず自由に遊びまわっていましたが回を重ねるにつれて徐々に自分の好きな歌に反応して輪の中に入るようになり、本人の自我の発達や音楽が好きな様子がうかがえる貴重な体験でした! イトコの女の子と同じクラスだと2人で遊んでしまう反面、毎回「おうた行くの~?」と楽しみにしながら通えてうれしくも思いました。2才の今だからこその楽しみ方だったのかな?と前向きにとらえています! 夏期は兄と共によろしくお願いいたします。

2012年春学期 2歳の女の子のママより 珍しい楽器に触れることができたり、逆に身近にある物でも楽しく日常の生活に音楽を取り込めるんだと気付けたり色々と収穫のあった1学期でした。それまでは英語で絵本を読み聞かせたり歌を歌っても「やだ!」と言っていた娘が自然とMusic Togetherの曲を口ずさむようになり、嬉しかったです。

2012年春学期 1歳の女の子のママより 楽しそうにしているところがみられてよかったです。

2012年春学期 2歳の男の子のママより 最初は人見知り、場所見知り&はずかしがりで、どうなることかと思いましたが、だんだんとなれてくるにつれ楽しそうに参加しているのでホッとしました。普段から、テレビを見て体操やダンスをしたことがないので、興味がないのではと心配でしたが、ある日突然ひざをポンとたたいて手をたたき、music togetherのまねをしていたのを見て感動してしまいました。

2012年春学期 6歳の男の子のママより やよいさんの教室では、子どもに負けず、純粋に私自身音楽を楽しむ事が出来たよ♪ありがとー。私ももう少し早く(息子が小さい時に)出会えたら良かったなぁ。